[2005/06/18] 愛媛県支部総会・学術講演会
13期 小浦忠宗 
 去る6月18日(土)、愛媛県歯科医師会館において、平成17年度愛媛県支部の総会及び学術講演会が会員48名中31名の出席で開催されました。
〈総会〉
近藤一雄支部長(1期)の挨拶の後、宇野義治先生(3期)の議長のもと、平成16年度事業報告・会計報告、平成17年度事業計画案・予算案の討議が行われ、承認が得られました。また県執行部の山本敬三(医療管理)(2期)、飯尾秀人(広報)(3期)、矢野公一(2期)・野間浩成(6期)(社会保険)、近藤一雄(企画情報・歯科医師連盟)先生が近況を報告されました。最後に今年度で近藤一雄先生の会長の任期が終わるため次期会長の選出が行われました。山本敬三先生が推薦され、満場一致の賛成を受け、先生も快く??了承し、総会は終了しました。
〈学術講演〉
徳島大学歯学部3期で卒業され、香川県でしん治歯科医院を開院されている高橋信治先生に講演をしていただきました。先生は昨年出版された「行列のできる歯科医院」の中でも執筆されており、今回は「経営の安定の核になる予防歯科システム」という題目で話されました。講演では、近年虫歯が減っていくなか、歯科医療は治療だけではだめで、ヘルスプロモーション・予防歯科が大切であると・・・
リストへ戻る 前へ 次へ